あなたの住む地域で、731部隊展を開いてみませんか?

731部隊について

NHKスペシャル731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜

1949年のハバロフスク裁判の録音テープが見つかった!!

731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験起こし

チフス菌の爆弾を開発していた田部井和たべいかなう。

京都大学の教授となり、細菌学の権威となりました。

凍傷研究の吉村寿人も教授に就任。自分は非人道的な実験は行っていないと生涯否定し続けました。

吉村寿人の回想喜寿日記

私は軍隊内において、凍傷や凍死から兵隊をいかにして守るかについて、部隊長の命令に従って研究したのであって、決して良心を失った悪魔になったわけではない。

吉村寿人

戸田正三はじめ、京大東大の医学者の多くが731の仕事に係わった。その後の日本医学界にも大きな影響を与えた。

しかし、国家機密の壁があったのか、誰一人声高に叫べず、自責の念のあるものは、自殺した。日本政府医学界は、731部隊の罪業を、いまだに反省謝罪していない!!

今の医学界に、この影響がないのだろうか???

戸田正三

大京大総長も石井四郎に、協力した!!

長與又郎

石井四郎の嫁は、京大総長第7代1915年〜1929年荒木寅三郎の娘、

荒木は、学習院長や枢密顧問官を歴任する。

1938年には国家総動員法が制定され、科学者も、戦争に協力しなければならなくなった。優秀な医学者も、戦争は加害者にしてしまう!!

731部隊で実験材料にされた人たちは、囚人ではない!!裁判にもかけられず、微罪で逮捕された人がほとんどだ!!中国は日本に侵略されたのだから、反発するのは当然だ!!

当時の日本の教育は、日本国民は1等国民、他は2等国民、とか3等国民とか呼び蔑視していた!!中国人はチャンコロと呼び、非人道的な扱いをしていた!!

笠原十九司日中戦争戦争全史下には以下の記述が見られる。

日本軍が華北で使用した生物兵器華北の民衆に深刻な犠牲をもたらした。細菌兵器使用の実態が判明しにくいので、統計は不完全であるが、日中戦争以後8年間で70回以上細菌兵器を使用したと推定され、そのうち具体的な死亡者がわかる25件では、兵士民間人47万人以上が感染して死亡した。山西省孟県における調査では、1942年から45年の間、日本軍が発射した糜爛性びらんせい毒ガス弾とチフスなどの細菌兵器により、全県16万人のうち、95が感染して病気になり、1万1千人が日本軍に殺害され、3万人近くが病死した。

731部隊員であった金子順一が戦後、東大に出した論文には、中国の6か所の地名が細菌戦の行われた場所として、書かれている。

また、戦後アメリカのフェル博士が731部隊員を尋問して作成したフェルレポートには、12か所で、細菌戦が行われたとある。

日本軍は、国際条約違反の細菌戦を大規模に行なった。しかし、日本政府は、731部隊での人体実験、細菌戦等の証拠をすべて隠蔽し、この事実を認めようとしない!!

番組では、川島清を第一部細菌研究部長としているが、第4部細菌製造部部長軍医少将の時もあった。

勿論731部隊支部や他の防疫給水部に送られ、人体実験に関わった多くの医学者がいた!!

中国にあった日本軍の陸軍病院の軍医等も、生体手術演習と称して、生体解剖をしていた。場合によっては、日本人も実験材料にされた。

この731部隊には、皇族の竹田宮が関わっていた。そして、研究費などの予算は昭和天皇の裁可がなければ出なかった。

天皇の弟秩父宮三笠宮も視察に来たし、もしかしたら昭和天皇も来たのではないか??昭和天皇の責任は無いのか???

unit731

731部隊へは当時製薬会社等からの寄付もあった!!大正製薬

ロ号棟を建設したのは大林組、松村建設、特設監獄は鈴木組が作った。

ロ号棟の建設について設計図を出してください!!

リニア不正入札、名城非常口巡る容疑大林組を捜索

黒い太陽731

国家戦略特区に獣医学部か、戦時中の100部隊や731部隊を想起してしまう!!

つまり、満州での人体実験や細菌兵器の開発は当時の総務司長であった岸信介の許可なしには行われなかったのであり、七三一部隊を率いていた石井四郎の背後で岸信介が実権を握っていた感がある。

みんなが知るべき情報今日の物語より

日本は皇道精神の具現化のために、毒ガス兵器、細菌兵器を使い、多くの人を虐殺した!!

目指したのは、天皇中心の世界帝国八紘一宇

教えてゲンさんより

防疫給水部細菌戦部隊

防疫給水部隊以外での人体実験

このシリズでは防疫給水部隊の事を書いているので、

少し外れるかも知れませんが、関連があることなので書きます。

人体実験は731部隊を始めとした防疫給水部隊だけで行なわれたわけではありません。

前線や駐屯地にあった病院でもかなり行なわれています。

渡辺はつ看護婦1993年証言海南島での生体解剖について

海南島の定安の同仁会の診療所に勤務しました

海軍からの伝令が届きました。

私たちが案内されたのは、大学の講義教室のように席が段になっていて、

中央に演壇がある広い部屋でした。

演壇の上に30〜40歳ぐらいの2人の匪賊の男性が、

戸板のようなものの上に大の字に寝かされていたのです。

段になっている席には100人程の人が座っていました

生体解剖でした。

2人の匪賊のうちの1人が生きたまま解剖されたのです。

アイゴ、アイゴという叫び声が聞えてきました。

麻酔もせずに軍医は、戸板に縛りつけた匪賊をメスで切っていきました。

その体から、胃や他の内臓を取り出していったのです。

縛られている体がピクピクしていたのを覚えています。

アイゴ、アイゴという叫び声は強烈でした。

その朝鮮人は30分ぐらい生きていたのではないかと思います。

何が目的だったかわかりませんが、こうしたことは前任地でもあったと聞いています。

黒い太陽731

731復元CG

中国には、日本軍の行なった細菌戦の影響と思われる?、原因不明の病気に悩んでいる人が今も数多くいる!!

1941年に日本軍は大量のペスト菌で汚染されたノミ、米、綿を空中投下したため、常徳権県庁所在地及び郊外農村でペスト病の大規模な流行を引き起こした。

旧日本軍による細菌戦に関する中国民衆の戦争記憶

東京女子大学教授聶莉莉にえりり

常徳細菌戦

日本軍は常徳だけでなく、農安、農安大賚のうあんだいらいや衢県くけん廣信こうしん、廣豊、玉山などでも細菌戦を行った。

細菌戦被害の人

近藤昭二氏講演

松村高夫さん慶応大学名誉教授

松村講演1

松村講演2

ヒルレポート総論

奈須重雄さん細菌戦資料センター理事731部隊による細菌戦を検証する35公開学習会

細菌戦を検証する!

侵華日軍第731部隊罪証陳列館

731部隊展実行委員会より

731部隊とはどんな部隊だったのでしょう?

日本政府は、中国東北地方にあったこの部隊の情報を隠し続けています!!

731部隊展実行委員会では、最新の資料を元に新たにパネルを作成しました!!

ぜひ、この機会にあなたの町731部隊展を開いてみませんか?

731部隊展開催のお願い

日本は731部隊の暴行について正式に認めてはいない。

日本人よ、血の債務をあがなえ!終戦から70年、いまだ消えぬ731部隊の傷跡仏メディア

夏草をふみしめてなおも歩き続ける

軒下にのぞく歴史に凌辱された眼光

住居を追われ悪魔に翻弄された暗黒の日

長い年月に耐え声も叫びも枯れ果てた

哈爾濱ハルビン残照731の記憶田中寛著より

日本人よ、血の債務をあがなえ!終戦から70年、いまだ消えぬ731部隊の傷跡仏メディア

混声合唱組曲悪魔の飽食池辺晋一郎指揮

人間の価値

1918年から1945年までのドイツ医学

Chブロス/Gアリ編

林功三訳

序言

ワイマル共和国時代に社会医学、保健精神分析総合医療などの領域にみられた創造的な精神の高揚は、束の間のあまりにもはかない夢であったように思われる。当時の医療改革主義者たちは、戦争と帝政が残した窮状を全力を挙げて克服しようとした。与えられたわずか数年間の時期に、かれらは確かにかなりの成果を挙げた。当時は治療医学がまだそれほど進んでいなかった抵抗物質はまだ発見されていなかったので、病気予防が最重要視された。そのため、患者をできる限り完璧にリストアップすること、イグナーツツァーテクが述べているように、出生から墓場まで人間を護衛することが必要とされた。こうして医者は個の患者の弁護士になっただけでなく、国家全体の国民保健の代理人になった。改革者たちは、伝統的な個人倫理とキリスト教的慈善活動に代えて、国民全体の福祉の集団倫理を重視し、私的慈善活動は次第に国家の手に移されていった。人道的な目標を掲げて開始されたこの改革にとって、世界経済恐慌の後推し進められた節約政策は、管理と規制の締め付けになってしまった。構造的崩壊が始まり、この流れの中で、個人の価値はとどめようもなく下落していった。そこでは慈\xC8

瓩茲蠅麓鋌彑④ⅸ纏襪気譴拭﹆斬陲反É験茲硫魹院⊃搬両祿下團吋◆〼罇唎魘爾ǂ気譴浸秊犬篳貎討鬟譽唫螢─璽轡腑鵐⑤礇鵐廚芭斗椶気擦襪燭瓩糧駘僂覆鼻△気泙兇泙聞餡隼餠發ⅵ鏝困気譟∧欸鯤〇磴呂澆襪澆襯灰好箸伴鋌廚量簑蠅砲気譴襪茲Δ砲覆辰拭◀弔泙蝓-臀擷気譴覯礎佑里△襦∀ὰ坰塾呂鮖鈇辰振嚩圓函∨晙Δ気譴襪戮Ⅷ綣圓料ĺ未砲気譴討靴泙辰拭\xA3

なぜ、日本人は731部隊の犯罪、日本精神医学会の犯罪を問わない???

不妊手術強制で国を提訴へ宮城の女性旧優生保護法違憲

1992年のニュース

戦時中に起きた食中毒赤痢の事件事故と軍医学校731の関係は??軍医学校は強毒のゲルトネル菌の研究開発を進めていた??

実際に、中国広東の南石頭の難民収容所で、陸軍防疫研究室が製造したゲルトネル菌が使われ、多くの難民が亡くなっている。

1935年昭和10年鳥取で食中毒発生4人死亡、ゲルトネル菌の免疫血清を持っていたのは、陸軍軍医学校西俊英

1936年昭和11年浜松で食中毒発生患者数は2250人、46人が死亡、原因ゲルトネル菌、防研嘱託731小島三郎、石井四朗、北野政次、西俊英がこの問題に取り組む。

紅白の殺戮者

1937年昭和12年大牟田爆発赤痢事件患者数は12332人、712人死亡以下の事は関係ないのか?

当時、軍と三井が工業所内で秘密裡に赤痢爆弾を製造しており、それが間違って爆発したのではないかとする説がある。

三井三池染料工業所において、事件発生当日の午後6時と26日午前0時20分の2度にわたり爆発事故があったこと

2度目の爆発では市消防組が消火に駆けつけたが会社は消防組の入所を拒否したこと

患者はまず咽喉を侵されたこと赤痢ならば咽喉がやられることはない

市内で人が次と倒れた時間帯と工場で爆発事故があった時刻が符合すること

などが分かっている。

当時の時代背景として、2月前には満州事変が勃発して戦下の色が濃くなってきており、事実この工業所では枯葉剤、合成染料など軍需製品の製造を行なっていた。このため、軍と三井が工業所内で秘密裡に赤痢爆弾を製造しており、それが間違って爆発したのではないかとする説がある。

しかし、仮にクシャミ性毒ガスの製造工程で爆発事故があったことが原因としても、住民の便から赤痢菌が検出されており、また調査に参加した各大学が患者の便から検出した赤痢菌がそれぞれ異なった種類であったことが分かっており、疑問が呈されている。

一方こんな説もある。毒ガス爆発をカモフラージュするため、軍医学校が、赤痢予防錠を配ったというもの??

参考陸軍軍医学校50年史1936年

陸軍軍医学校50年史1936年より

大牟田爆発赤痢事件

日本軍の毒ガス戦を支えた軍需化学企業

小島三郎

紅白の殺戮者昭和十一年浜松一中毒大福もち事件

作者久保親弘

紅白の殺戮者くぼちかひろ

第八章

しかし法医解剖の結果新知見は何も得られなかった。胃や腸の内容物にも粘膜の病変や肺の形状にもこれといった異常所見は無くわずかに脾臓の腫大が認められたに留まった。関係者は一様に焦燥の色を浮かべていた。小宮教授は表情を硬くしたままで検事の質問にも無言で立ち尽くしていた。その表情を察した高井警部補はただちに安達署長と協議し毒物事件の可能性が低いことを報告した。事実刑事たちの地道な捜査もまったく暗礁に乗り上げており事件性を疑わせる物証は皆無に近かった。原因がわからないとすればすでに二千名を越えている中毒患者に対しての治療方針は何も決まらない。市内での流言は拡大するばかりであった。心労のあまり錦織校長がついに発狂したというまことしやかなデマが市内のいたるところでささやかれた。校長は責任を感じて自殺したとの噂すら流布していた。

この食中毒のすごさから言って、普通では全くない!!軍医学校の関与が無かったのか?1936年にはハルピンニ正式に関東軍防疫部731部隊が設立される。

小島三郎の記述

小島三郎ウキペディア

小島三郎こじまさぶろう、1888年明治21年8月21日-1962年昭和37年9月9日は、日本の医師。医学博士。

岐阜県各務原かかみがはら市出身。

細菌戦部隊と自決した2人の医学者常石敬一朝野富三著より

学徒応召の今年、文官高等試験は取り止めとなった。近来の善政である。体格劣弱以て戦陣に用うるを得ないものだけを文官に重用する訳にはゆくまい。同様に医科大学教授会も、帰還軍医以外の学位論文審査を停止してもよい筈ではないか。

今日自分単独の研究のために、工場、病院、無医村の窮境をよそに、呑気に敢えて言う研究室で動物を殺したり、試薬を濫費している時ではない。教授会は審査を当分、或種の経歴を有する人の、或る種の性質内容を有する論著に局限するとよろしい。

これは医学雑誌日新医学昭和18年第11号に戦勝への道と題し掲載された巻頭言の一部である。筆者は小島三郎。飯島と共に再三、1644部隊に出張していた伝研教授である。その小島教授は、戦後になると、自分の生い立ちを語る文章の中で、陸軍幼年学校の受験に落ちたいきさつを書いたあとこの時、陸軍が私を採用したなら、後年あんな馬鹿げた聖戦を極力阻止した賢明な参謀総長に恵まれて、日本歴史は別の記述で幸せられたはずであると、まるで昔書いたことを全て忘れたかのように書いてはばからないのである。

私は小島教授が時流に敏感過ぎたとしても、そのことで責める気は毛頭ない。飯島とは違った意味で、小島教授もまた、暗い時代の犠牲者の1人だったように思えるからである。

731部隊の前身である背陰河の部隊では、結核予防注射の人体実験が柳沢謙によって行われていた!!

結核予防接種と人体実験

日本は、731部隊での研究を白日の下にさらすべきである。

1936年に起きた浜松の大福もち事件の経過

1936年5月10日浜松一中で運動会が開かれる。

5月11日午後、食中毒発病

軍医学校では5月12日午後から北野や防疫学教室で研修中の西俊英軍医大尉(当時)らが原因究明に取り組んでいた。軍医学校の発表は次の通りだった。

患者4例の糞便中よリゲルトネル氏菌と認むべき菌を証明し、之に因る中毒の疑濃厚となり尚細菌以外の毒物は目下の所証明し得ず。

本当に素早い軍医学校の対応ではないか??東京から浜松は当時列車でも時間はかかっただろう。

小島三郎は食中毒発生の前年、1935年9月に東京大学伝染病研究所の助教授から教授に昇任したところだった。同じ頃、防研の嘱託に就任したものと推測できる。

前年の1935年昭和10年鳥取で食中毒発生4人死亡、ゲルトネル菌の免疫血清を持っていたのは、陸軍軍医学校西俊英小島が防研の嘱託になった年。

果たしてこの食中毒はどのように発生したのだろうか?防疫研究室は関係していないのか??不思議なことに軍の関係者の感染者からは誰一人死亡したものが出ていない!!軍の謀略ではないのか??

陸軍飛行第七聨隊が新たに浜松に開隊しついで高射砲第一聨隊も設置された。昭和八年になると浜松陸軍飛行学校が開校し浜松は陸軍航空部隊のメッカとして知られるようになった。浜松陸軍衛戍病院の場合ほとんどの軍医は飛行第七聨隊附か陸軍飛行学校附もしくは高射砲第一聨隊附であった。

小島三郎が、防疫研究室の嘱託になり、お金をもらって研究したという事は、細菌戦に大きくかかわっていたという事だろう!!

ゲルトネル菌は、広東の8604部隊部隊で使用されたようだ。

8604部隊南支那派遣軍の防疫給水部の1課の丸山茂証言に、同僚がお粥にそれを混入して、多くの難民の中国人を殺害したという証言をしている。

三井という会社

毒ガスを、戦前は大量に作り、戦後も枯葉剤の原料を作ってニュージランドのメーカーを通じてアメリカ軍に提供されていた。アメリカの枯葉剤の3分の1は日本製だと言われている??

ベトナム戦争の枯れ葉剤の原料を三井東圧が大

横浜マンション傾き問題、施工3社を提訴三井不動産

護衛艦などを作る!!軍需会社!!

三井造船が建造した船舶

枯葉剤の製造では、ネットには、こんな記述もある。

731部隊直系のミドリ十字を内部に組み込んだ三菱ケミカルホールディングスの前身である三菱化成は、ェトナム戦争における枯れ葉剤作戦の主役、モンサント社と組んでいたのである。

イタイイタイ病を究明した萩野医師に圧力をかけた三井財閥とそれに協力した医学界の権威者たち

萩野昇戦争中、軍医としてどんなことをやっていたのだろうか?

2015年

偉人医萩野昇

萩野昇富山のシュァイツァー

富山平野の中央部を流れる神通川は昔から神が通る川として地元の人たちから崇められていた。住民たちは神通川のサケやアユを食べ、神通川の水を農業用水として利用し、また水道が普及するまでは生活用水として住民たちの喉をうるおしていた。この北アルプスから流れ下る神通川が、いつしか毒の通る川に変わっていたのだった。イタイイタイ病はこの神通川上流にある神岡鉱山から排出されたカドミウムによって引き起こされた公害病であった。

予期せぬアメリカの評価

奈落の底にあった萩野に明るいニュースが飛び込んできた。日本整形外科学会で発表したデータがアメリカで認められ、アメリカ国立保健研究機構NIHから1000万円の研究費が送られてきた。日本の学会で白眼視された研究をアメリカが認めてくれたのである。うれしかった。アメリカは自由の国、学問の国、偏見のない平等な国であると喜んだ。アメリカが認めてくれたことから、不思議なことに萩野のカドミウム説は本当かもしれない、と周囲もしだいに認めるようになった。

御用学者は、民衆の立場に付かず、国大企業の側に立つ!!この人は細菌戦にどのように関わったのだろう??

細谷省吾

軍医学校防疫研究室は731部隊に、実験などの指令を出していた。細谷省吾は戦争当時、東大伝染病研究所教授で防疫研究室の嘱託研究者だった。

金沢は731部隊に縁が深い!!731部隊長の石井四郎、その右腕だった増田知貞、生体解剖を多く手がけた石川太刀雄は、金沢四高から京都帝国大学医学部へ進学した。

731部隊で性病や結核の研究をして、戦後政界ジープという右派の時局雑誌を発行した二木秀雄は金沢医科大学出身である。

三井造船防衛省から新型潜水艦救難艦を受注日本工業新聞

日本軍が中国で行った細菌戦

細菌戦パネル展731部隊のやった細菌戦

細菌戦被害地中国の旅

細菌戦被害地中国の旅

細菌戦被害地中国の旅

下記のコラムの記事にあるように、90名を裁判もかけずに捕まえ、30人をハルビン731部隊で人体実験に供し、残りの60人は、孫呉で下車させられ、習志野学校毒ガス部隊と石井部隊731部隊の協同による毒ガス弾効能実験にあてられ、その特別演習用に供せられた。つまり、90人全員が生体実験され殺されたわけだ!!!!

細菌戦資料センター会報10号より

731部隊展のホームページです。

ご覧下さい!!

731部隊