ECUチューン報告

先週に施したECUチューン。

この数日で200kmちょっと走って、大体雰囲気がつかめたのでインプレします。

パワー特性

ノーマルのパワーカーブそのままに、低回転域から高回転域まで全体的にパワーが上乗せされており、段付きやピーキーさといった気難しさとは無縁。

1500rpmあたりからトルクが出ているので、平地なら最小限の踏み込みでスルスルと加速します。

一番の懸案であった負荷のかかる登り勾配も、今までは苦しそうにしていたのがウソのようにストレスなく加速していきます。

最高速はチェックできず。

ってか、試したらアカンでしょ

最高速度はギヤ比に依存するので恐らく変わりはないと思いますが、到達する時間は確実に短縮されるでしょう。

レスポンス

スロットルの開き方についてはノーマルと同じ。

Eモードはややモッサリしたところはありますが、トルクが出ている分キッチリと加速します。

Sモードにすると反応が上がりますが、シフトチェンジを引っ張るセッティングなので、燃費低下とエンジン音が気になります。

フィーリングとしては、よほどのことがない限りはほぼEモードで網羅できそうです。

燃費

結構な変化なので、燃費が悪化しないか心配になるところ。

本日の帰宅時に、流れに合わせて走った結果。

ノーマルとほぼ同じ燃費。

アクセルをさほど踏まなくても、短時間で必要な速度まで到達するためでしょう。

総評

エンジンはパワーアップしてますが、まだシャシーのキャパに余裕があるのか、乗ってて不安は感じません。

改造車然とした楽しさは薄めですが、実用を重視したセッティングで、長時間のドライブでも疲労感は少なめ。

結論としては、チューニングに伴うネガティな要素は見受けられず、個人的にはオススメです

広告を非表示にする