SongforAdamグレッグオールマンの遺作

&xa0;

&xa0;

&xa0;

サザンロック界を代表するオールマンブラザーズバンドのォーカリスト、故グレッグオールマンGreggAllmanの遺作となるSouthernBloodが8日にリリースされました。アルバムとしては、2011年リリースのLowCountryBlues以来6年振りになります。

&xa0;

グレッグは、今年の5月27日に69歳で旅立ちました。その時のブログはこちら肝臓癌が転移した中で、体調と相談しながら毎日5時間程度を割いて、あのマッスルショールズMuscleShoalsにある伝説のフェイムスタジオatFameStudiosでレコーディングしたそうです。

&xa0;

&xa0;

この場所を選んだ意図は、オールマンズAllmansBrothersBandに詳しい方であればすぐにお分かりだと思います。オールマンズの前身である、アワーグラスHourGlassが初めてレコーディングを行ったスタジオがフェイムスタジオであり、天才と呼ばれた実兄のスカイドッグSkyDogこと、デュエインオールマンDuaneAllmanがスタジオミュージシャンとして数の素晴らしいボトルネックによる名演を遺したエポックメイキングな場所なのです。

&xa0;

正直、いい歳になった私ですが、聴きながら泪が滲んできますと云うか、このアルバムに関する経緯を語るマネージャーのマイケルリーマンMichaelLehmanや、プロデューサーに指名されたドンウォズDonWasのインターュー記事を目にした瞬間から、もう涙腺が緩んでいますお恥ずかしい。

&xa0;

ドンウォズがプロデューサーに指名された経緯ですが、2014年に開催されたグレッグオールマンのトリビュートライhis2014tributeconcertAllMyFriendsの音楽監督をしたことがきっかけとなっています。ライ盤としてリリースされていますので、こちらも聴いて欲しいと思います、切に!

&xa0;

アマゾンで予約したの方は、6日遅れでの発送となったので、先にSPORTIFYでダウンロードしてプレイリストを作って聴き続けています。一音一音を噛みしめて、きちんと聴きたいと想っています。

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

アルバムタイトルは、正にグレッグオールマンを表すかのように、ずばりSouthernBloodです。体調が万全ではない分、ォーカルには力強さと、あのドスの効いたアクは余り感じられません。全10曲中8曲が様なアーティストのカァーで占められていますが、全てがグレッグのオリジナルのように聴こえます。

&xa0;

&xa0;

中でも、この1曲と言われれば、若かりし頃に出会った盟友、ジャクスンブラウンJacksonBrowneのSongforAdamに尽きると思います。普通であれば、共作曲として知られているTheseDays邦題は、青春の日を想像しますが、ジャクスンの1アルバムの中にある、弾き語りの地味目なSongforAdamを選んでいるのです。最初はその経緯が分からず全くピンとは来なかったのです。

&xa0;

届いたに同封されていたライナーノーツには、グレッグの家族、妻のシャノンオールマンShannonAllman、そして、息子のデォンDevonAllman、娘のレイラLaylaAllmanのそれぞれの想いが寄せられています。併せて、今回のプロデューサーであるドンウォズDonWasのコメントが記されています。

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

その中で、この曲に対するグレッグの想い入れについて、この様に書かれています。

&xa0;

ThemomentthatgetseverytimeistheendingofthalastverseofJacksonBrownesbeautifulandhauntingSongForAdam

GreggalwayslovedthissongbecauseitremindedhimofhisbrotherDuane&xa0;WhenhegetstothelinestillitseemsthathestoppedsinginginthemiddleofhissongyoucanhearhimchokeupandfalterWedecidedtostopforthedayandGreggnevergotthechance&xa0;toactuallysingthosenexttwolinesLeavingthemopenseemedlikeapoignantandpoeticwayforhimtomakehisexit

&xa0;

ジャクスンブラウンの美しくて、一度聴くと忘れられないSongForAdamのエンディングに差し掛かる度に、グレッグは愛する兄であるデュエインオールマンのことを想い出していました。そして、コーラス部分のこのァースを唄う時に、グレッグが感極まって声が詰まり、口ごもってしまう瞬間を聴くことができると思います。だから、その日はレコーディングを止めたのです。しかし、グレッグにそのァースを録り直すチャンスが巡ってくることはありませんでした。そのままにして死を迎えることは、とても痛切なことではあるが、詩的なことでもあると思います。

&xa0;

Hespenthisfinalnightlisteningtothelatestmixes&xa0;andclosedhiseyesforthelasttimeknowingthathisvisonhasbeenrealized&xa0;Everyone&xa0;involvedinthemakingofthisrecordhopesthatitmovesyouandbringsyougreatcomfortintheyearstocome

&xa0;

&xa0;

あらためて、グレッグの歌ったァージョンを何度も聴き返すと、ドンウォズが述べている通りでした。4番目の歌詞のところにグレッグの感情の昂りが感じられます。

&xa0;

&xa0;

ThoughAdamwasafriendofmineIdidnotknowhimlong

AndwhenIstoodmyselfbesidehimIneverthoughIwasasstrong

Stillitseemshestoppedhissinginginthemiddleofhissong

&xa0;

演技ではなくて、自然に感情が昂り以下のァースを歌うことが出来ず、ギターソロに代わっています。

WellImnottheonetosayIknowbutImhopinghewaswrong

&xa0;

&xa0;

そして、この後に続くコーラス部分もオリジナルの歌詞とは異なり、2番目と1番目との歌詞が交じり合っています。

&xa0;

Isitbeforemyonlycandlelikeapilgrimsitsbesidetheway

Nowthisstoryunfoldsbeforemycandle

Nowthisjourneyappearsbeforemycandle

AsasongthatsgrowingfaintertheharderthatIplay

ButIfeeljustlikeacandleintheway

ButIfearbeforeIendIllfadeaway

ButIguessIllgettherethoughIwouldntsayforsure

&xa0;

勝手な想像かもしれませんが、感情を抑えきれずにそうなったのではないかと思います。自身へのレクイエムなのか、まるでゴスペルのように聴こえてしまい、勝手に泪が溢れてきました。

&xa0;

是非、皆さんに直接聴いてその感想を教えて欲しいです。

&xa0;

SongForAdam&xa0;byJacksonBrowne&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

また、ジャクスンブラウンは自身のFACEBOOKでグレッグに対する追悼のコメントを寄せています。

&xa0;

IgottospeakwithhimintheweekbeforehepassedandIgottotellhimhowmuchhismusicandhishasmeanttomeHerecentlyrecordedoneofmyearlysongsSongForAdamandheandDonWassentittometosingonandIdid

Thatsongthewayhesangitandwherehesangitfrom-attheendofhislife-wellhecompletedthatsongandgaveitaresonanceandagravitythatcouldonlyhavebeenputtherebyhim

IwillmisshimIsendmydeepesttohisfamilyhisbandsandcrewsandallthosewhoknewhimandlovedhim

&xa0;

&xa0;

グレッグが亡くなった週に、彼と話す機会があった。

彼の音楽や友情が僕にとってどれだけ意味があるか、彼に伝えた。

彼は最近、僕の初期の曲の1つSongForAdamをレコーディングしていた。

彼とドンウォズは、僕に歌うよう、それを送ってきた。僕はそうしたよ。

この曲、彼の歌い方、どんな状況で歌ったのか人生の最期に彼は曲を完成し、曲に彼にしかできない奥深さと厳粛さを与えた。

&xa0;

また、ローリングストーンのインターューに際しては、以下の言葉を最後に述べています。

彼がいなくなって寂しいよ。彼の家族、バンドメンバー、そして、クルー、それから、彼を愛する多くの人たちに深い弔意を送りたい。

&xa0;

JacksonclosesbysayingIwillmisshimIsendmydeepesttohisfamilyhisbandsandcrewsandallthosewhoknewhimandlovedhim

&xa0;

&xa0;

今年後半に来日しますが、その時にこの曲を歌って欲しいですね、グレッグのためにも。

&xa0;

この曲をアルバムの最後に配した意図をきちんと受け止めて、繰り返し聴いていこうと思います。

GreggAllmanmetwithJacksonBrowne

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;

TheseDaysfeaturingJacksonBrowneandGreggAllmanonjan102014

&xa0;

&xa0;

&xa0;

&xa0;