天使の3P10話

天使の3P

10話まるっきりデート

夏休みなのに、登校日で学校にいくしかない。

そんなときに。霧夢もとい小梅と柚葉が。と同時に小学5年生だと知る。

そんな小梅たちは島での風習を廃止し、お詫びとして本土の生活を許可してもらえたんだとか。

響、小梅から結婚を求められる。

ここ最近、小梅が押し掛けてくる。

ここ最近くるみは島に来てばかりで構ってくれないのに、朝風呂の時にも来るのだった。

柚葉、迷子になってしまう。少女漫画を探してるとか。

2人は秋葉原に。

なんかエレベーターのとこにロウきゅーぶのイラストのイラストが。

悲報柚葉、これじゃないと感じたのにこれはこれでとBLに興味持つ。

カラオケ店に行く。

柚葉がまさかのサクラサクミライコイユメを歌った。ちなみに、響がリクエストしたんだとか。

3人と小梅は柚葉とデート一緒にいたことがばれてしまう。

柚葉だけ不公平だ、だから望美たちとデートしてほしい。

潤、刺激がほしい。正確には自由研究の題材がほしく。

響は自分と違う人になったつもりでいれば何か見つかるんじゃないか、と。

潤は悪の女王みたいに接するが。

大きい水着を選んだところ、ずれ落ちてしまう。

望美たちは尾行していたのだった。

広告を非表示にする